• 街コンに行こう

    街ぐるみで開催される大きな合コンイベント『街コン』というものがTVのニュース番組の特集なんかでよく見かけます。
    会費は、男性7000~8000円程度、女性3000~5000円程度で、イベント受付でリストバンドをつけてもらい複数の飲食店を出入りし、出会いを求めていくシステムです。
    普通の合コンですと、個室の飲食店などを予約し、その場所で2時間くらい食事をし、お酒を飲み、自己紹介や自己PRをしていくのですが、『街コン』の1番の特徴は、『はしごをする』という点になります。
    自分たちで合コン企画をすると、合コン慣れしている人以外は、普通の飲み会になりますし、合コン慣れしている人のゲームなんかもつまらないものが多いです。
    ただ、街コンの場合、程度の差はるかと思いますが、普通の合コンよりは、内容が充実していて楽しいと思います。

    街コンの質を重視したい人は、良く調べてから参加しましょう。

    ・主催をしているのは誰なのか?
    ・参加店舗は、どのような店が多いのか?
    ・参加者の層は?
    ・過去の開催状況は?

    まず、『主催をしているのは誰なのか?』という点なのですが、イベント会社、個人企画者、地域の商店街や商工会議所、行政などが企画者となっていることが多いです。
    もちろん、どういった方々が企画するかによって、程度や内容が変わってきますので、チェックが必要です。

    そして、『参加店舗は、どのような店が多いのか?』という点です。
    出会いが目的とはいえ、価格の安い、居酒屋チェーン店ばかりよりは、その地域にしかない個性的なお店や普段行かないようなレストランが入っていると嬉しいですよね?
    当日になって、ショックを受けないよう、しっかりチェックをしましょう。

    そして、『参加者の層』に関してです。
    自分が求める年代の人たちが来るのか?という点も必要ですが、1つ最重要なことがあります。、
    それは、『独身のみ参加可能』な『街コン』であるかどうかという点です。
    これだけ街コンがブームになってくると、真剣な『婚活』ではなく、いわゆるナンパ目的の人や既婚者の参加もあるかと思います。
    真剣に出会いを求めている人にとっては、邪魔者でしかありませんので、インターネットで調べたり、企画者に聞くなどすると良いでしょう。

    そして、最後に『過去の開催状況』について、少しでも調べていきましょう。
    運営側がしっかりしていれば、ホームページやfacebookページがあると思います。
    そういったメル友サイトをチェックすることも重要です。

    インターネットで調べてみると、『街コン検索サイト』『街コンポータルサイト』といった便利なサイトもたくさん出来ています。
    こういったサイトからスタートして、探していくのもありでしょう。

    何事も事前調査を怠らないことは、非常に大事です。